上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
NEWS | 2006/04/18(火) 23:10
本村洋本村 洋(30)
 あなたは彼を知っているだろうか?
 1999年、山口県光市の会社員本村洋さん(当時23)方に、当時18歳の被告が強姦目的で進入。本村さんの妻である弥生さん(当時23)を強姦しようとしたが抵抗されたため、首を両手で絞めて殺害後、遺体を陵辱した。そばで泣いていた長女夕夏ちゃん(当時11ヶ月)を床に叩き付けた後、持ってきた紐で首を絞めて殺害した。その後、事件発覚を恐れ2人の遺体を押入に隠した。

陵辱:女を力ずくで犯すこと。暴行。

 その事件で被告(25)(犯行当時18)は殺人罪等に問われ、1・2審で無期懲役の判決を受け上告した為、今日4月18日に最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長)は弁論を開いた。
 死刑を求めて上告した検察側は「犯行は冷酷残虐。反省も全く伺えず、被告の年齢などを考慮しても死刑の適用を回避すべき事情はない」と述べた。
 一方、弁護側は「1・2審判決には重大な事実誤認がある」などと主張し、再度弁論を開くよう求めたが、浜田裁判長はこれを認めず結審した。
 浜田裁判長は、弁護側に追加の主張があれば1か月以内に提出するよう求めた。判決言い渡しの期日は後日指定される。

 なんや、弁護側の弁護士が死刑制度に反対らしいやないけ。ふざけてんのか。自分の妻を殺害され、尚かつ陵辱され、娘も叩き付けて殺された人によくもまぁそんなことぬかせるな。死刑制度反対にはそれなりの根拠があるんだろうけども、今回の事件に関しては犯人が明らかで、更に犯行を認めている。そもそも強姦だけでも死刑に値する。1人の人間のこれまでの人生、そして将来性をむちゃくちゃにしてしまうんだから。なのに「被告に殺意はなかった」から傷害致死って阿呆かあんた。自分の家族が同じ目にあったら、本当にあなたは「死刑制度反対」って言い続けられるのか?あまりにも無責任な主張に聞こえて仕方がない。

参考
山口・光市の母子殺害事件、最高裁が弁論を開き結審(読売新聞)
光市母子殺害結審、死刑以外納得できない(日刊スポーツ)
弁論続行認めず結審 山口県光市の母子殺人で最高裁(産経新聞)
光市母子殺害:1ヶ月延期で弁論開かれる 最高裁(毎日新聞)
山口の母子殺害、弁護人出廷し結審・最高裁(日経新聞)
母子殺人事件の上告審が結審、弁論続行の主張退ける 山口・光市(朝日新聞)

山口県光市母子殺人事件に思う
山口母子殺人事件で思うこと
山口母子殺人事件【山口地裁判決と判決要旨】
スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aki16.blog47.fc2.com/tb.php/71-abb26f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメント







非公開コメント
Access Counter
Since Dec.01, 2006. 
Calendar
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile
Do you want to know about me? 

aki16

Author:Aki

Age:22

Live:Wakayama

A Popular Topic
In what are you interested? 
ブロとも申請フォーム
 
Find in This Blog
Do you want to find something? 
E-mail Form
Please send e-mail me. 

名前:
メール:
件名:
本文:

QR Code
 
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。