上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
映画 | 2006/05/30(火) 23:54

あの頃ペニー・レインと 友達に勧められて『あの頃ペニー・レインと』(原題:Almost Famous)っていう映画を観た とりあえず概要を公式HPから抜粋。

 1973年、15歳のウィリアム・ミラー(パトリック・フュジット)はサンディエゴで大学教授の母親(フランシス・マクドーマンド)と暮らしている。4年前、厳格な母親と衝突した姉アニタ(ズーイー・デシャネル)は、シスコでスチュワーデスになると言って家を出た。弁護士を目指す学業優秀な少年だったウィリアムだが、姉が残していったロック・ミュージックのアルバムを聞くうちに、ロックの世界にのめり込んでいく。

 ウィリアムは伝説的なロック・ライターでクリーム誌の編集長、レスター・バングス(フィリップ・シーモア・ホフマン)に自分が書いた学校新聞の記事を送る。レスターはそれを気に入り、会いに着たウィリアムに仕事をくれる。「評論家で成功したけりゃ、正直に手厳しく書け」というアドバイスと共に。

 取材で楽屋を訪ねるウィリアム。入口にたむろするグルーピーの中に、圧倒的な存在感でひときわ目立つ少女がいた。ペニー・レイン(ケイト・ハドソン)と名乗る彼女は、自分たちはロックスターと寝るだけのグルーピーではなく、音楽を愛してバンドを助けるバンドエイドだと語る。彼女の愛らしさとカッコよさにうっとりするウィリアム。しかし、お目当てのバンドが来ると、ウィリアムだけ楽屋に入れてもらえない。続いてウィリアムが愛するバンド、スティルウォーターが現れる。彼がバンドへの熱い思いを語ると、ギターのラッセル(ビリー・クラダップ)が招き入れてくれる。その日から、ウィリアムはスティルウォーターの楽屋に出入り自由となる。まもなくラッセルとペニー・レインは付き合い始めるが、ウィリアムのペニー・レインへの淡い恋心は変らない。

 ある日、ローリングストーン誌の編集者、ベン(テリー・チェン)から電話がかかってくる。サンディエゴの新聞記事を読んだという彼は、ウィリアムに原稿を依頼、ウィリアムは大人のフリをして、もう少しでブレイクしそうなスティルウォーターのツアーに同行取材するという話をまとめる。そして、母親に「電話は1日2回、麻薬はダメ!」の声に送られて、ウィリアムの怒涛の取材ツアーが始まった!

 ツアー初日から取材しようと張り切るウィリアムだが、仲間として接してくれるラッセルは一緒に楽しむことしか考えず、裏話も書くなと言われてしまう。一方、他のメンバーは、ジャーナリストは敵だという態度を崩さない。主催者側の不備でマイクの感電騒ぎなど、毎日新しいハプニングが起きる中、ラッセルとボーカルのジェフ(ジェイソン・リー)が対立、他のメンバーも何かと目立つラッセルに怒り、彼はますます孤立していく。それでもひとたびステージに上がるとメンバーは結束、ライブはどこでも大成功だった。

 そんな中、ウィリアムは一人焦っていた。母親からは電話が少ないと厳しく叱られ、ベンからは取材はうまくいってるかとチェックを入れられる。しかし、ウィリアムは刺激的な毎日を楽しむだけで、まともな取材は何一つしていなかったのだ。ウィリアムの心の支えは、ペニー・レインへの想いと、どんな時でも電話で的確なアドバイスをくれるレスターの存在だった。

 ツアーはNYへ向かう。NYにはラッセルの本命の恋人が来るので、ペニー・レインは置いていかれてしまう。内幕暴露の刺激的な原稿になると聞いたベンはウィリアムに、スティルウォーターを表紙に、記事をトップにすると約束する。ウィリアムは店でくつろぐメンバーにそれを発表、みんな有頂天になる。その時、突然ペニー・レインが現れるが、ラッセルの傍らの恋人に気を使ったマネージャーに追い払われてしまう。心配でたまらなくなったウィリアムは、彼女のホテルに駆けつける。ペニー・レインの足元はふらつき、部屋には蓋の開いた睡眠薬の瓶があった・・・・・。


 究極に飽き性な俺からしたら何かに持続的に「ハマル」ってのがいまいちわからんけど、この映画は個人的にめっちゃおもしろかった。ストーリーは「若い」と言うのか、「狂ってる」というのか知らないけど共感できる面もあるし、舞台になっている時代も好き 「あんな体験できたら楽しいだろうなぁ」ってことだらけ。有名人と知り合って、一緒に旅をして、複雑な人間関係を目の当たりにして、それを「書く」という自分の好きなことを仕事にするってめっちゃ楽しそうだ。ずっとはしんどそうだけど。笑 時間があったら観てみそ。

関連URL
『あの頃ペニー・レインと』公式HP
『あの頃ペニー・レインと』Wikipedia
スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
音楽 | 2006/05/28(日) 23:50
 Shania Twainっていう歌手を知ってるだろうか。俺はカナダに住んでる時に知って、以来ずっと好きな歌手の一人なんよ。で、知ったのが下のPVを見て知って即刻買ったね。綺麗すぎ。今は日本でもHONDA AIRWAVEのCMイメージソングに採用されてるみたいね。その他のPVはこちらからどうぞ。英語のオフィシャルサイトはShaniaTwain.comです。


コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
ネタ | 2006/05/28(日) 23:25
 最近貯まってたブックマークのバックアップと整理を兼ねて、使えるHPのご紹介 まぁ単にあんま使わないのをブラウザのお気に入りに入れとくのが邪魔なんでこっちにおいとくだけだけど

日本常識力検定協会
オンライン診断テストを無料で受験可能です。あなたの常識力は!?意外と難しいんだなぁ、これが。

映画-日の名残
ただ単に俺が見たいだけ。笑 忘れないようにブックマークしてあるだけです。

映画-から騒ぎ
これまた俺が見たいだけ。笑 今度Tsutaya行くときに忘れないようにしなきゃ。

朱鷺
関西外大の近くにある中華料理屋さん。どっちかって言うと枚方市駅の近くかな。今度幹事するときはここも考慮にいれようかと。

作ろうiモードコンテンツ
iモード向けのHPを作る方法が記載されてます。絵文字の表記方法とかタグとか色々。

全国ネットカフェ・漫画喫茶一覧
タイトルのまんまやね。どっか旅行したときに泊まるとこなかったら利用しようかと。笑

webデザインに使えるメニュー・アイコン
タイトルのまんまやけど、最近BLOGがあるもんでHP作ることもないからなぁ。また気が向いたときに作るつもりやけど、そのときのために。

TSG
デスクトップアイコンはこっから借りて使ってます。格好いいのが多いんだ♪

neutral
主にFlashのタイピングゲームが多いかな。かなり出来がいいし、ランキングもあるし、練習になります。

icon cube. /デスクトップアイコン専門検索エンジン
タイトル見たまんま。なんでも見付かりますわ。

Google Calendarの使い方
最近Gmailにハマってて、スケジュール管理もGoogleに頼りだした。で、Calendarは英語しかないから日本語での説明を。なくてもたいして困らないけど・・・。

Finde Her Differences
芸能人の画像を使った間違い探し。今のところ、Lindsay LohanParis HiltonAngelina JolieBritney SpearsPamela AndersonJessica AlbaHilary Duffがあるようです。どっちかって言うと男性向け。笑

かして!どっとこむ
引っ越ししたときに、家具家電をレンタルできるとこ。買う金ないしさ。引っ越したときに使うためにバックアップがてら。

東芝テクノネットワーク・家電レンタル
上に同じ。

アムスなんでもリース
上に同じ。ただ取り扱ってる場所が東京・神奈川・千葉・埼玉だけなのが残念。前テレビで紹介されてたんだよねー、ここ。

面白サイトリンク集
タイトル見たまんまっすね。暇なときに使うかなぁって程度で基本的に使わないからここに。笑

DESTA
あなたのデスクトップを飾りませんか?的なHP。笑 俺はここを使って一時期Macっぽくしてたわ。

単位計算
あらゆる単位から単位に自動的に計算してくれます。

初心者向け英文メールの書き方と日常英会話講座
説明するまでもないっすね。

英文メール講座
上に同じ

君、Operaを使いたまへ
俺が使ってるブラウザがOperaなわけだが、その説明をしてくれてる。

楽しい裏技・裏情報!
本当ありとあらゆる情報が掲載されてる。個人的には携帯の裏技を多用してるかなぁ。

マシン更新前後にやっておいた方が良いことの覚え書き
まんまです。

プレゼンをスタートしよう。PowerPoint速習講座
タイトルのまんま。大学でPowerPointを使う機会がでてきたからそのためにね。

カメラの西本
俺が就活の際に利用してる写真屋さん。和歌山のやしおもっくそローカルな話ですわ。笑

カクテルベース
カクテルのレシピ一覧。その他カクテル関連情報も記載されてますわ。


うぉ~、結構すっきりした。笑
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
言葉 | 2006/05/22(月) 23:59
Once upon a time there lived a monster without a name.

The monster wanted a name so badly that he couldn't stand it.

So the monster decided to go of on a journey to find himself a name.

But because the world was so big the monster split in two and went on two separate journeys.

One went east and the other went west.

The one that went east found a village.

There was a blacksmith at the village entrance.

“Mr. Blacksmith, please give me your name.”

“I can't give you my name.”

“If you give me your name I will jump inside you and make you stronger in return.”

“Really?”

“I'll give you my name if you can make me stronger.”

The monster jumped inside the blacksmith.

The monster became Otto the blacksmith.

Otto the blacksmith was the strongest man in the village.

But one day...

“Look at me! Look at me!”

“The monster inside me has grown this big!”

Chomp. Munch. Crunch. Gulp.

The hungry monster ate Otto from the inside out.

He went back to being a monster without a name.

Even though he jumped inside Hans the shoemaker...

Chomp. Munch. Crunch. Gulp.

He went back to being a monster without a name again.

Even though he jumped inside Thomas the hunter...

Chomp. Munch. Crunch. Gulp.

He still went back to being a monster without a name.

The monster went to the castle to find a wonderful name.

Inside the castle, there was a very sick boy.

“I'll make you stronger if you give me your name.”

“I'll give you my name if you can cure my illness and make me stronger.”

The monster jumped inside the boy.

The boy became very healthy.

The king was delighted.

“The prince is well! The prince is well!”

The monster became fond of the boy's name.

He also grew fond of his life inside the castle.

That's why he endured even when he became hungry.

Every day, even when his stomach became very empty, he endured.

But because he became so hungry...

“Look at me! Look at me!”

“The monster inside me has grown this big!”

The boy ate his father, his servants, and everyone.

Chomp.

Munch.

Crunch.

Gulp.

Because everyone was gone the boy left on a journey.

He walked and walked for days.

One day the boy met the monster that went west.

“I have a name. It's wonderful name.”

And then the monster that went west said...

“I don't need a name. I'm happy even if I don't have a name. Because we're monsters without names.”

The boy ate the monster that went west.

Even though he now had a name there was no one left to call him by his name.

Johan.

It is a wonderful name.



コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
 就活をする上ですごい勉強になるHPを発見 ってことで、ご紹介 『間違いだらけの就職活動~君は陥ってないか~』 就職活動で陥りがちな間違いを指摘、説明、対策の紹介をしてくれている。かなり心強くなりまっせ。特に今の時期なら、内定をいくつも頂いてるけど本命の選考がまだ途中で内定承諾書にサインを迫られ辞退するかどうか躊躇している人なら症例No.44とかお勧め。「まだそんな悩みなんてない」ってあなた。もっと就職活動をがんばってください。笑 その他、Blog Ranking就職・アルバイト Rankingにも有益で人気のBLOGがたくさん紹介されてるんでどうぞ。

以下、『間違いだらけの就職活動~君は陥ってないか~』より目次。
■症例No.1『自分のことは自分が一番わかる。顔写真も自分で選んでいる
前編/後編

■症例No.2『リクルートスーツもネクタイも自分で選んで買う
前編/後編

■症例No.3『行きたい企業に自分の大学のOBがいないから訪問できない・・・と諦めている
前編/後編

■症例No.4『志望企業の会社説明会予約を満員で断られた・・・諦めた
前編/後編

■症例No.5『透明ケースに数日前の日経新聞を入れて持ち歩いている
前編/後編

■症例No.6『楽勝だと思ったら筆記テストで落ちた
前編/後編

■症例No.7『やりたい仕事が決まっているので業界を絞ってエントリーしている
前編/後編

■症例No.8『内定者(学生)や1年目社員を中心に“OB訪問”として会っている
前編/後編

■症例No.9『“協調性がある”“信頼されることが好き”と自己PRで言っている
前編/後編

■症例No.10『最初の面接はもちろん第1志望企業になる予定
前編/後編

■症例No.11『志望動機が“~という仕事がしたいからです”という体裁だ
前編/後編

■症例No.12『個性重視なので就活マニュアル本は一切読む気がない
前編/後編

■症例No.13『“自分らしい服装で”という指定なのでカジュアルな服装で行った
前編/後編

■症例No.14『副代表・副幹事長・副主将だったことを自己PRのメインにしている
前編/後編

■症例No.15『説明会やパンフレットで感銘を受けた“素晴らしい言葉”を柱に語っている
前編/後編

■症例No.16『アピール漏れが無いようにありったけの体験談を盛り込んだ
前編/後編

■症例No.17『具体的に語るために、経験談を発生順に丁寧に説明している
前編/後編

■症例No.18『主にネットを利用して効率良く業界研究をしている
前編/後編

■症例No.19『やりたいことがまったく思い浮かばず志望が決まらない
前編/後編

■症例No.20『自分を成長させたい・・・という言葉を志望動機で使っている
前編/後編

■症例No.21『志望企業の主力商品すべてを、今ここで言えない
前編/後編

■症例No.22『いまどき学歴なんて昔ほどは採用に影響しないと思っている
前編/後編

■症例No.23『高校時代以前のエピソードで自己PRをしている
前編/後編

■症例No.24『ESの趣味・特技欄に読書・音楽鑑賞・普通免許を書いている
前編/後編

■症例No.25『自分では大きな声でゆっくりと話せていると思い込んでいる
前編/後編

■症例No.26『面接で“気になる出来事”を尋ねられて新聞1面掲載の事件を答えた
前編/後編

■症例No.27『プチ社会人経験を語って即戦力であることをアピールしている
前編/後編

■症例No.28『エントリーシートに熱意を示すためにぎっしりたくさん書いた
前編/後編

■症例No.29『“コミュニケーション能力がある”“統率力がある”と自慢している
前編/後編

■症例No.30『海外留学・生活経験があるので語学力を中心に自己PRしている
前編/後編

■症例No.31『第1志望じゃない企業の面接で正直に第2志望だと宣言した
前編/後編

■症例No.32『自己分析を進めれば進めるほど自己嫌悪に陥ってしまう
前編/後編

■症例No.33『面接で失敗したことは全部忘れて前向きに考えている
前編/後編

■症例No.34『グループディスカッションでたくさん話した・・・しかし落ちた!
前編/後編

■症例No.35『面接では緊張してワケがわからなくなる
前編/後編

■症例No.36『自己PRも志望動機も、完全暗唱できるくらいに丸暗記している
前編/後編

■症例No.37『面接では思う存分制限時間たっぷり話してアピール出来た
前編/後編

■症例No.38『自己分析では、自分の “良いところ” だけを懸命に考えている
前編/後編

■症例No.39『面接・選考で落ちたから何もしないで潔く諦めた
前編/後編

■症例No.40『グループディスカッションで “私も皆さんと同じ考えです” と発言した
前編/後編

■症例No.41『経験した実話を少しのウソも無いよう正確に話している
前編/後編

■症例No.42『面接会場には指定時間の10分前に到着するようにしている
前編/後編

■症例No.43『目標とする人物、尊敬する人物を問われて“親”だと答えている
前編/後編

■症例No.44『第1志望の結果待ちなので滑り止めの内定承諾書にサイン出来ない
前編/後編

■症例No.45『面接で他社応募状況を尋ねられ“御社だけです”とウソを言った
前編/後編

■症例No.46『実際には入りたくない企業からしか内定が出ない
前編/後編
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
 ヤンキース松井秀喜が先日左手首骨折したわけだが、今回のアクシデントはその後全米のメディアにもう1つの衝撃を与えることとなった。それは骨折翌日の12日、手術後に広報を通じて松井から出された声明が原因だ。

 英語で出されたもので「連続試合出場に向けて、毎試合、起用してくれたことに関してはトーリ監督にとても感謝しています。申し訳ないと思うと同時に、チームメイトを落胆させたことに私も失望しています」という内容。松井らしい誠実で、悔しさに溢れたコメントだが、これがアメリカのスポーツ・メディア関係者にはビックリするものだったのだ。

 その理由は「I feel very sorry」と、最上級の謝罪の言葉が使われていたためである。アメリカのスポーツ関係者がこのようなコメントを発表する際、まずこのような“謝罪”を口にすることはない。残念、落胆といった種類の言葉はあっても、誰かに“謝る”ということはないのである。それが麻薬やステロイドといった問題によるものであってもだ。

 この“謝らない”傾向は個人主義色の強いアメリカ社会には元々強いが、スポーツ界では契約問題などビジネス面もあって特に先鋭化してしまっているのが現実である。

 それ故松井が出したこの声明はさまざまな人々に衝撃を与えることになったのだ。

 ヤンキースのGMブライアン・キャッシュマンはこの声明に対し「マツイは特別だ。選手としてだけではなく、人間として素晴らしい。すべての選手が彼のようであってほしい」と話したという。

 また、ニューヨークを遠く離れたフロリダ州の日刊紙オーランド・センティネルのデイビッド・ウィットリーは「マツイは謝罪とともに完璧な英語を話す」と題した15日付けのコラムで、ほとんどのスポーツ関係者がこうしたことで謝罪しないことと、それがファンなどの不信感を助長していることを指摘し、マツイに学べとまで書いている。同じフロリダ州のブラデントン・ヘラルド紙でも同様のコラムが掲載された。

 さらにヒューストン・クロニクルやトロント・サンなど、数多くのメディアが松井の“謝罪”という言葉を見出しに入れて伝えたのである。

参考
渡辺史敏の「from New York」
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
ネタ | 2006/05/21(日) 09:00
Find Videos
 洋楽のPVが閲覧可能。ま、今時YouTubeのが見付けやすいかもだけど画質が若干こっちのがマシかな?

MetaCafe
 世界のおもしろ動画、CMなどを掲載してある。暇つぶしにはなるかな~。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
GHB麻薬所持で関西外大教員逮捕
 教員寮の自室に麻薬「GHB(ガンマヒドロキシ酪酸)」を隠し持っていたとして、大阪府警大阪水上署と大阪税関が麻薬取締法違反(所持)の疑いで、関西外国語大(大阪府枚方市)の招聘教員、カイル・クーパー容疑者(41)=米国籍=を逮捕していたことが18日、分かった。

 調べでは、クーパー容疑者は5月12日午前、関西外大キャンパス内の寮「外国人招聘教員住宅」の自室で、GHBを所持した疑い。「米国から輸入した」と供述しているといい、大阪水上署は牛乳瓶ぐらいの瓶に入った粉状のGHBを押収。詳しい入手経路を調べている。

 関西外大によると、クーパー容疑者は平成10年9月に英会話・英作文の講師として採用。指導は優秀で学生の評価も高く、2度目の5年契約を結んでいた。

あーぁ、勿体ないことしてんな、この人。うちの大学は職場としては比較的いいとこだろうに。

関連記事
麻薬所持で外大教員逮捕 米から輸入?府警が追及(中国新聞)
麻薬所持で関西外大教員逮捕(産経新聞)
麻薬所持で外大教員逮捕 米から輸入?府警が追及(共同通信)
『GHBについて』
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2006/05/17(水) 22:35
THE LIFE OF DAVID GALETHE LIFE OF DAVID GALE
 最高におもしろかった めちゃめちゃ興味深い映画やった 落ちが最高に深い。なんやろ、当然予測できなかったってのもあるけど、意味がすごいあるように思う。元からケビン・スペイシーは大好きだけどもっと好きになったわぁ ケイト・ウィンスレットタイタニックのときより綺麗だったし。笑 いやぁ、それにしてもほんま死刑制度について考えさせられる映画やったわぁ。死刑制度は存続すべきだという俺の考え方はなくならないけど、テキサスは極端やね・・・。日本なんて死刑制度あったって現代では執行数が知れてるけど、テキサスは桁がちゃうやん。そりゃ問題にもなるがな。

参考
死刑-Wikipedia
日本における死刑-Wikipedia
テキサス州-Wikipedia
死刑の現状
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
ネタ | 2006/05/16(火) 21:39
 今日は特別書くことないから、個人的におもしろかったものをご紹介。

[TEXT]斬首-切断された人間の東部は意識を有するか
世の中にはこんなことを疑問に思って追求する人がいるんだねぇ。疑問っちゃぁ疑問だけど、追求したいとは思わないかも。

[TEXT]フランシスコ・ザビエルBLOG
3つあるから、下から読んでくださいな。っていうか、ザビエルってこんな人だったんだ!キリスト教関係ねぇじゃん!!!笑

[TEXT]YOUTUBEまとめサイトのまとめ
普通に使える情報です。てか、Wikipediaにまで載ってんだ・・・。

[TEXT]チャットで女性名を使うと危険度25倍?
いやぁ、昔はネカマして散々バカひっかけてたなぁ・・・。

[TEXT]負けず嫌いな国
納得。

[TEXT]ビックリした寝言
そらびびる。笑

[TEXT]文系、理系、体育会系
的確な指摘だ。笑

[IMAGE]駅まで徒歩0秒
何を考えて作ったんだろ・・・。

[IMAGE]陽気なダースベイダーさん
こんなお馬鹿な妄想、大好きです。

[NEWS]タクシー運転手がIT専門家と間違われて生放送に出演。何となく音楽ダウンロードの未来を語る(動画あり)
笑った。笑 てか、最初めっちゃ挙動不審だし。笑

[MOVIE]開国ペリーが声優をやった場合の萌えキャラアニメ
だいぶ前から知ってたんだけど、今頃あっちこっちの有名どころで紹介されてるし、実際おもしろいからご紹介。

[MOVIE]robo fight ロボットパントマイムでバトル
おもろい。笑 てか、普通にうめぇ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
言葉 | 2006/05/15(月) 23:15
昨日の中学3年生の数学の授業で、机の上に1000枚のコピー用紙を前に話した。

「君たちすべての人が、可能性という1000枚のコピー用紙を持って生まれてきた。

 君たちすべての人が、今もまだその1000枚を持っていると仮定しよう。

 今日、部活がきつくて塾を休んだA君はそのコピー用紙を1枚ゴミ箱に捨てた。

 数学の問題を飛ばして解いたBさんも1枚捨てた。

 宿題をしてこなかったC君は5枚捨てた。

 チョットだけ目を閉じてごらん。」

 そう言うと僕は1000枚の中から5枚だけ紙を抜くと机の下に隠した。

「じゃ、目を開けてよく見てごらん。何か変わった?」

 だれも995枚の紙を見ても変化に気付かない。

 5枚くらい減っても誰も気付かないものだ。

「今、少しだけサボった。1枚の紙を捨てた。小さな過ちだ。

 でも、その変化には誰も気付かない。

 しかし、毎日5枚ずつ捨てることを100日繰り返してごらん。

 500枚の紙がなくなったら、どんな人でも気付くよね。」

 そう言って僕は500枚をゴミ箱に捨てた。


 いつも心の中に1000枚の紙をイメージして生活して欲しい、

 今の自分の行動は、1枚の紙を捨てたことにならないか?

 なぜ、勉強しないといけないのか?

 なぜ、挨拶しないといけないのか?

 なぜ、嘘をついてはいけないのか?

 なぜ、仲間はずれをしてはいけないのか?

 すべては、自分の可能性という白い紙を捨てることだから。


 逆に今苦しくとも努力をすると紙が1枚1枚増えていく。

 毎日1枚1枚の紙の増加には、誰も気付かない。

 でも、それが1500枚2000枚になったとき、それを人は「成功している」と呼ぶ。


 たった1枚、その1枚を大事にする人が成功するに違いない。

 いつも心の中に1000枚のコピー用紙を。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
言葉 | 2006/05/14(日) 22:41
 以前に説明会・面接で見た“ツワモノ”っていうトピックを紹介したけど、今回はツワモノな会社っていうトピックをご紹介 世の中には非常識な学生もいれば、非常識な会社もあるんやね あまりにも阿呆らしすぎて、笑けてくる。笑
※mixiに登録していない方はご覧になれません。悪しからずご了承下さい。

ツワモノな会社より抜粋
 そういえば以前J○東日本の質問会に行って、社員さんに「なぜこの会社に入ろうと思ったんですか?」ってきいたら 「実は昔から電車好きじゃないんだよね~だって料金とか高いし。細かいところまでいけないし、ですから今もむしろ車でドライブするのが好きなくらいですよ。でもなんとなく大きな会社だと大きなことできるかなぁと思って入ったんですよ~」って…
ん~まぁ入ってしまえば何でも言えるか(笑)


 現実はそんなもんなんだろうけど、今から入社しようとしている学生に向かって言っていいこととあかんことってあるやろ。笑 しゃーないか。

 就活とは関係ないけど、すごくよくできた心理テストをご紹介。『答えのないドリル』。是非一度やってみてくださいな。あなたの結婚観がわかります。っていうか、ほんま超よくできた心理テスト。やっててめっちゃ楽しいし。あ、結果報告する気があるならこちらからどうぞ。とりあえず結果報告してくれたら何かしら反応くらいします。笑 ちなみにmixiでのトピックはこちらからどうぞ。

 むっちゃmixiとは関係ない話やけど今までに出会ったイイ客ってどんな人?にめちゃめちゃ感動してしまった。笑 俺も接客するようになってから「ありがとう」ってすごい言うようになったなぁ。
今までに出会ったイイ客ってどんな人?より抜粋
私接客兼ねた清掃の仕事してます。
大体の人は「綺麗で当たり前」という考えが多いんですけどこの前お客さんに「みんな食べたらそのまま帰っていくわね。あなた達みたいな子がいるから私達はご飯を美味しく食べれるのよね^^」
と言ってくれて本当に嬉しかったです。というか家で泣きました。
誰に対しても感謝の気持を持てるようになりたいです。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
映画 | 2006/05/14(日) 21:58
es この映画やばい めっちゃ恐い。けど、ホラー映画とかと違ってなんか別の恐ろしさがある。人間の弱さを感じる。ただ、役割を与えられただけで、やめたければいつでもやめれるし、そこまで従事する必要性がないのに、狂ったように従い行ってしまう。人間って不思議だねぇ。
 この映画は1971年にアメリカのスタンフォード大学で実際に行われたスタンフォード監獄実験(Stanford prison experiment)が題材となっている。

以下Wikipediaより抜粋。
 新聞広告などで集めた普通の大学生などの被験者21人の内、11人を看守役に、10人を受刑者役にグループ分けし、それぞれの役割を実際の刑務所に近い設備を作って演じさせたところ、時間が経過するに連れ、看守役の被験者はより看守らしく、受刑者役の被験者はより受刑者らしい行動をとるようになるということが証明された。
 しかし、次第に看守役に分けられたグループはより攻撃的な行動をとるようになり、受刑者役に対する侮辱的な発言、暴行が多くなっていったために、実験は1週間で注しされた。その後、訴訟沙汰にまで発展したと言われている。
 つまり、強い権力を与えられた人間と力を持たない人間が、狭い空間で常に一緒にいると、次第に理性の歯止めが利かなくなり、暴走してしまうのである。しかも、元々の性格とは関係なく、役割を与えられただけでそのような状態に陥ってしまう。心理学の研究史の中では「スタンフォード監獄実験」(Stanford prison experiment)と呼ばれているものである。
 オリヴァー・ヒルシュビーゲル(Oliver Hirschbiegel)が監督を務めた映画『es』(エス)(原題:Das Experiment、「実験」の意)は、この実験を元にしたものである。

参考
es 映画情報
スタンフォード監獄実験-Wikipedia
情況の囚人-1971年“スタンフォード監獄実験”とは-X51.ORG
Stanford Prison Experiment(英語)
Stanford prison experiment-Wikipedia(英語)
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
日記 | 2006/05/10(水) 22:45
 今日は良い日だった 午前中は普通に学校行って、午後から今夏短期留学する友達と一緒にWISHっていうエージェントで話を聞いてきたんやけど、当然そこでの話も楽しかったんだけど、その帰りが良かった WISHでの話を終えて、大阪駅で夕食を友達と一緒に食べてたら、隣に外国人夫婦が座りはって俺らの食べてるものを指さして“I want to eat that.”かなんか言ってはったんで思い切ってどこから来られたのか話し掛けてみたら、今日LAから来日されたらしい。なんでも広島にご家族がお住まいらしく、訪問するために来日なすったそうな。今回が2度目の来日で、前回は京都で月桂冠の会社を訪問したとかなんとか、んで明日はホテルグランヴィア大阪に滞在されてるそうだけどそこのツアーかなんかを利用して大阪城やらなんやら色々観光されるらしい。正直、話の中身なんかどうでもいいんだ。大学入学当時より明らかにスムーズに英語でのコミュニケーションが図れたのが楽しくてたまらなかった なんだかんだで大阪とか京都とか和歌山とかについて30分ほど喋ってから帰ったんだけど、こういう出会いっていいねぇ あーもっとリスニング力伸ばそ。喋るのなんか辞書ありゃなんとかなるやろ、たぶん。笑

これMADだけど、いい感じじゃない


コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
日記 | 2006/05/07(日) 23:58
外貨為替レート 結構前からだけど、なんでここんとこCA$がこんなに強いんだ 俺が行った当時は円強で、帰る頃は円強で、今は円強って随分順調やな・・・。カナダってそんなに順調に経済成長でもしてんのけ その代わりに(?)US$が今弱いけど。どうせそのうちまた円が負け出すかね。

参考
主要通貨レート

guava 日に大阪に行って、その時に駅ですごい久しぶりにGuava Nectarを買ったのさ いや~、相変わらずめちゃめちゃうまいね ハワイで友達に勧めたときは「ハワイ風梅ジュース」って言って吐いてたけどぉ・・・ 友達のお口にはあわなかったらしい・・・。おいしいのになぁ~





コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
日記 | 2006/05/06(土) 23:59
亀田興毅 亀田兄弟がKO勝利。結構なことだ。そして最近の評論家がよく言うことが「女性のファンが増えていることに驚く」と。全くだ。それも結構な話だ。だけど、女性にとって人が殴り合いをして、血を流し、顔中にアザを作り、倒れる様を見ていてそんなに楽しいのか? 男なら闘争本能であったり、そもそも闘うように創られている面があるから、ある程度楽しむことは理解できるけど。何ヶ月も前のNewsweek誌で以前サッカー日本代表の監督であるトルシエの通訳を務めていたフローラン・ダバディも日本で女性の格闘技ファンが増えていることについての記事を書いていた。ヨーロッパの女性にも当然ボクシング等の格闘技を好む女性はいるが、やはり格闘技ファンは男性のほうが圧倒的に多いようだ。それにも関わらず、現在の日本では女性ファンの比率がとても増えてきている。従来女性には母性本能があったり、そもそも子供を生む役割があるため闘いから目を背ける傾向があるはずだ。負けた選手にだって妻がいて、子供がいて、決して若くはない親がいることだろう。もしかしたら自分の息子が、自分の夫が、自分の父親が殴られて倒れたのを見てテレビの前や会場で泣き崩れているかもしれない。なのに、なんで人の殴り合いを楽しめるんだ。ただ単に選手の容姿がいいだとかいった理由でファンなら理解できるし、ファンである以上根本的に容姿だっておおいに関係があることだろう。けど、それが殴り合いを見ることが楽しいとなる理由にはならないように思う。別に格闘技ファンであることが悪いこととは言わないし、言える立場にはない。勝とうが負けようが選手が自ら選んだ職業であり道だ。けれども女性が殴り合いを楽しむという行為は理解に苦しむ。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
心理テスト | 2006/05/06(土) 23:59
『人を裏切る人間と裏切らない人間の区別』

裏切られないために、相手に究極の心理テストを仕掛けましょう。

このテストは昔、FBIの心理分析で実施されていた有名なものです。




L子M男は互いに愛し合っていました。

二人は大きな川を隔てて隣同士の村に住んでいました。

川に橋は無く、会う時は渡し舟を利用していました。

大きな台風が来て、川が氾濫し、洪水が二つの村を襲いました。

かなり大きな被害になり、死傷者がたくさん出て、お互いに消息がつかめません。


L子M男のことが心配でたまらず、嵐の中を船着場まで行き船頭Pに必死に頼みました。

「命をかけるんだから、500万円くれたらやってみるけど」

L子はそんなお金を持っていませんので、別の船頭Sに頼みました。

「わかった、でも、死ぬかもしれないので、君を一度だけ抱かせてくれ」

彼女は大いに悩みましたが、船頭Sに体を与えました。


向こう岸に無事渡ったL子M男を見つけることができました。

船頭Sとの行為を打ち明けたとたん、M男

「そんな女性とはつき会えない、別れよう」

「私はあなたが心配でたまらず、死を覚悟して渡ってきたのに」

L子は失意の元、村へ帰り、泣き明かしました。

彼女のことが好きだったHは、泣いている彼女に

「どうしたの?」と尋ねました。

一部始終を聞いたHは、彼女をなぐさめ、やがて二人は結ばれて幸せな家庭を築きました。


さて、この5人の登場人物を自分の好きように1番から5番まで並べてください。

※答えは「続きを読む」から。
続きを読む »
コメント (1) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
心理テスト | 2006/05/06(土) 23:59
次の言葉を自由に並べ替えて下さい

①その花は
②美しかった
③一生忘れない

※答えは「続きを読む」から。
続きを読む »
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
心理テスト | 2006/05/06(土) 23:59
あなたは知らない場所に来ていて、目の前に扉があります。
扉をあけると、ある風景が見えました。それはどのようなものですか?
1.自分のへや
2.庭
3.廊下
4.異次元の世界

※答えは「続きを読む」から。
続きを読む »
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
心理テスト | 2006/05/06(土) 23:59
この心理テストは
1つずつ確実に指示に従って行く事です。
まずは、メモの用意して下さい。

1.まず、からまでの数字を縦に書いて下さい

2.数字のに『』の中から好きな数字を一つづつ書いて下さい

3.数字のに知っている異性の名前を書いて下さい
(血縁者はダメです)

4.数字のにそれぞれ知っている人の名前を書いて下さい
(家族でも友人でもかまいません)

5.数字のにそれぞれ歌のタイトルを書いて下さい
(自分自身が解ればタイトルはそこまで重要じゃないです)

※答えは「続きを読む」から。
続きを読む »
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
心理テスト | 2006/05/06(土) 23:59
★あなたは、恋人の家に行く途中です。すると、昨日の台風で川が増水しています。
川を見て一言。

★川を渡らなければ、恋人の家にはいけません。
ここで一言。

★川の半分まで泳ぎました。
ここで一言。

★向こう岸までもう少し・・・っと言うときに巨木が流れてきました。
ここで一言。

★やっとの思いで向こう岸に着きました。
ここで一言。

★恋人の家に着きましたが、恋人がいませんでした。
ここで一言。

※答えは「続きを読む」から。
続きを読む »
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
ネタ | 2006/05/03(水) 23:06
金剛地武志 最近、金剛地武志の知名度と共にエアギターの知名度が日本でもあがってきているようだ まぁ・・・。正直な話、俺に言わせりゃ阿呆以外の何者でもないんだけど・・・。楽しそうだなぁとは思うけどね、色んな意味で。笑 んでんで、なんとなくエアギターを調べたくて公式HPを開いたらこんなコメントが















エアギター




って・・・・あたりまえじゃね!?

存在しないんだもん。
あまりにもレベル高すぎて、なんか尊敬の念すら覚えた。笑
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
日記 | 2006/05/02(火) 23:59
Billiards with Seiya 昨日日に学校の授業が終わってから、ビリヤードに行ってきた 学校の近くに大学に通いだした年前から行ってるビリヤード場があって、昨日はそこのオーナーであるプロにガチで教わってきた マッセを見せてもらったり、基本的な打ち方を基礎から教えてもらったりしてきたわ いやぁ、それにしてもやっぱプロはちゃうね 打ち方が柔らかいんだ。そのくせ回転がめちゃめちゃかかったり、ブレイクが綺麗にはじけたりすんだ。鳥肌たつわ あ~、就活で金ないけど通いてぇ。笑 ちなみに写真に写ってるのは友達でちゃんと許可をとって載せてますんで 映像はビリヤードのトリックショットの数々。その他のトリックショットの映像はこちらからどうぞ。

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
音楽 | 2006/05/02(火) 23:59
def tech 今更Def Techにハマった。めっちゃめちゃ格好ええなぁ 歌詞は勉強になるような英語が多いし、比較的俺にとっては聞き取りやすい。あと、無駄にハワイ出身ってあたりに親近感を感じたりしてる 俺自身は出身ハワイじゃねぇのに。てか、普通に名古屋だし。笑 音楽活動をはじめたきっかけが「NYにて「9.11」を体験したことをきっかけに、何か自分に出来る事はないかと思い音楽活動を開始。」って・・・。いいことだけど、どうなんそれはって感じやけど。笑 根拠の規模がでかすぎると言うのか、結構雑と言うのか。笑 ま、とりあえず、日に発売された「Catch The Wave」のPVをUP 残念ながらい俺が使ってるOperaじゃ正常作動しないようなのでIEで見てるけど。マシンスペックとか回線がよかったらOperaでも見れるらしいけど、詳しいことは不明。それにしても、今回も相変わらず爽やかに格好いいわ 個人的に波の外から中に入っていく映像が好き。尚、YouTubeの動画をローカルに保存する方法はこちらから

参考・関連
Def Tech 公式HP
Def Tech 公式Blog
Def Tech Wikipedia
Def Tech 公認ファンサイト
Def Tech 歌詞

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
特集 | 2006/05/02(火) 11:48
Google


世界最高の検索エンジンGoogle

ただ一般的に知られているのは検索機能であって、意外と他の機能は知られていなかったりする。

そこで今回はGoogleの便利なその他の機能をご紹介

続きを読む »
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
Access Counter
Since Dec.01, 2006. 
Calendar
 
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile
Do you want to know about me? 

aki16

Author:Aki

Age:22

Live:Wakayama

A Popular Topic
In what are you interested? 
ブロとも申請フォーム
 
Find in This Blog
Do you want to find something? 
E-mail Form
Please send e-mail me. 

名前:
メール:
件名:
本文:

QR Code
 
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。