上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
悩み・孤独 内閣府は3日、小中学生とその親を対象にした「低年齢少年の生活と意識に関する調査」の結果を発表した。父親の約4分の1が子どもとの平日の接触が「ほとんどない」と答え、中学生の約7割が進学や友人関係などで悩んでいたのに、悩みを知っている父親は約3割にとどまった。
 調査は昨年3月、全国の小学4年~中学3年の男女3600人を対象に面接方式で実施し、2143人が回答(回収率59.5%)。答えた子どもの父母にも郵送回収方式で調査を行い、2734人から回答を得た。
 子どもに「悩みや心配」があるかを複数回答で聞いたところ、中学生では71%が何らかの悩み・心配を抱えていた。同じ質問をした直近の調査(95年)より15ポイント多く、悩みの内容は「勉学や進学」61%、次いで「友達や仲間」20%、「性格」19%などの順だった。
 一方、子どもの悩みを知っているかを親に尋ねると、母親は65%が「知っている」「まあ知っている」と答えたのに対し、父親は31%にとどまった。子どもとの平日の接触は、父母とも「1時間くらい」がそれぞれ24%、29%と最多だったが、「ほとんどない」は父親23%、母親4%と大きな差が出た。特に父親は00年の前回調査より9ポイント増加した。
 親子関係の希薄化について、内閣府の大塚幸寛参事官は、仕事優先の父親の姿勢に加え、パソコンや携帯電話の普及も影響しているのではないかと指摘している。調査では小学生の15%、中学生の52%が携帯電話を持っていた。
 
 既婚女性の4分の3が「子供といるとイライラする」』と繋がるところがあると思う。子供に興味をもたないことが現代のトレンドなのか??
 
参考
父親の4分の1、平日の接触ほとんどない
スポンサーサイト
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
日本人の価値観・世界ランキング これは正直知りたくなかった事実かもしれない。まったくもって残念な話だ。ニュースの続きは下記の「参考」より見ることができます。
 
 明治初期に大森貝塚を発見したことで知られるモースは「世界中で、両親を敬愛し老年者を尊敬すること、日本の子供に如(し)くものはない」「母親が赤ん坊に対して癇癪(かんしゃく)を起こしているのを一度も見ていない」「日本人の母親ほど辛抱強く愛情に富み、子供につくす母親はいない」(『日本その日その日』)と書いた。

 しかし今の日本の親子関係はどうか。父親を尊敬する日本の中高生は39%、米国は93%、母親を尊敬する日本の中高生は43%、米国は95%と大きな差がある。また20~34歳の既婚女性の4分の3が「子供といるとイライラする」と答え、「親は子の犠牲になるのはやむなし」と答えた親は、日本は38・5%(世界の平均は73%)で73カ国中72番目だという(『日本人の価値観・世界ランキング』)。
 
そりゃぁ、子供と一緒にいるだけでイライラするような親と過ごしていれば、親を尊敬なんてしなくなって当然だよな。いじめ対策関連の番組でもやっているけど、いじめ云々に関係なくもっと子供に耳を傾けて家族関係を円滑にする必要があるのかもしんないね。そうすればいじめがなくなるとは思わんが、質に変化が生じたり、多少減ったりするかもね。

参考
少子化対策にも親学を
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
 情報としては結構遅いけど、興味深い内容だから、一応紹介しとこかな。

 2008年の米大統領選に出馬表明している有力候補者らが1日、米グーグル傘下の動画投稿サイト「YouTube」に、自身の映像チャンネルを開設することが明らかになった。
 これにより、誕生から1年半あまりで急成長を遂げた同サイトはさらに政治的影響力も強めることになる。
 YouTubeは、サイト内に「YouChoose'08」 というコーナーを設置。候補者らは投票者と映像を通した双方向での意見交換などが可能になる。
 大統領選に出馬表明している民主党のヒラリー・クリントン上院議員やバラク・オバマ上院議員、ジョン・エドワーズ元上院議員らのほか、共和党のジョン・マケイン上院議員、ルドルフ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長らが、チャンネル開設の登録手続きを済ませている。
 候補者らは、特定の問題について話す動画を配信し、ユーザーがそれに対する質問などの映像を掲載することができる。
 米大統領選の候補者らは、政策などのメッセージを発信する手段としてオンラインビデオを活用する傾向が強まっている。クリントン、エドワーズ両氏は大統領選への出馬もオンラインメッセージで宣言していた。
 
 さ~すがアメリカって感じやな。確かMySpaceにもそれぞれのコミュニティがあるらしくて、今のとこはヒラリー・クリントンよりバラク・オバマのほうが登録ユーザー数が多いんだとか。
 
参考
米大統領選候補者が「ユーチューブ」に映像配信
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
NEWS | 2007/02/16(金) 01:00
日本の子供は先進国でずば抜けて「孤独」


孤独 国連児童基金(ユニセフ)は14日、先進国に住む子どもたちの「幸福度」に関する調査報告を発表した。

 それによると、子どもの意識をまとめた項目で、「孤独を感じる」と答えた日本の15歳の割合は、経済協力開発機構(OECD)加盟25か国29・8%と、ずば抜けて高かった。日本に続くのはアイスランド(10・3%)とポーランド(8・4%)だった。

 また、「向上心」の指標として掲げた、「30歳になった時、どんな仕事についていると思いますか」との質問に対しては、「非熟練労働への従事」と答えた日本の15歳の割合は、25か国中最高の50・3%に達した。

 また日本は、親が働いていない家庭の割合が、先進国中で最も少ない0・4%。ところが、平均収入の5割を下回る家庭に暮らす「貧困児童」の割合は、14・3%にのぼり、最悪の米国(21・7%)から数えてワースト9位となり、子どもを持つ「ワーキングプア」の家庭が相当数に達していることが分かった。

 また、10冊未満の本しかない家庭の割合は9・8%で7位。「静かな勉強場所」「学習用のコンピューター」「ネット接続環境」など、教育環境の充実を象徴する8品目中、所有が6品目未満の家庭は53・3%にのぼり、ギリシャに次ぐワースト2位となった。

参考
読売新聞

 豊かな国のように見えて、実は人間的な面において乏しい国ということが浮き彫りになった結果かな・・・。都会に行けば行く程、近隣の人との関係は薄れ、親は仕事に忙しいため親子の会話もなく家にいても相手をしてくれるのはゲーム、コンピューター、テレビ。外で友達と遊ぼうにも、そういった環境は整備されていないことも少なからずある。我が家の場合は俺が小学生の間は帰宅したら必ず両親の何れかがいるように努めてくれて、時間があれば近所の子たちと外で遊びまくってたけどなぁ。いい意味で子供が近隣の人達や、親に依存できる環境が必要だね。とは言っても、そうしたくてもそうできない社会の現実があるが・・・。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
NEWS | 2007/02/06(火) 23:59
ワタダ中尉 2006年6月7日。以下のような声明文を出したアメリカ陸軍中尉がいる。(日本語訳、及び原文は動画の下のほうにあります。) 軍人であり、中尉という立場であるなら戦争を拒否するという事がどれほど重罪かわかっていることだろう。その上でこういった行動を起こせることを尊敬する。真の勇気と言うのはこのような行動を指すのではないだろうか。彼が日系アメリカ人であることを心から誇りに思う。
 動画のコメントにこんなことが書いてあった。『When I was in basic training, we had classes on how to refuse to obey and illegal order. It's too bad they don't teach that class anymore. There also used to be a principle of command responsibility, but they've thrown that out along with moral and ethical principles. 』いかに彼が勇敢であるかがわかる。
 尚、関連記事へのリンクは記事最下部にあります。



声明
アーレン・ワタダ中尉
2006年6月7日

家族、友人、信仰心篤い地域のみなさん、マスコミのみなさん、そしてすべてのアメリカ人同胞のみなさん。本日はおこしいただき、ありがとうございます。

私はアーレン・ワタダと申します。アメリカ合衆国陸軍中尉であり、3年間服務しています。

合衆国陸軍の将校として、重大な不正義に対して声を上げることは自分の義務であると考えます。私の道徳と法的義務は、憲法に対するものであり、無法な命令を下す者に対して負うものではありません。きょう私がみなさんの前に立つのは、兵士たち、アメリカの民衆、そして声を上げることもできない罪なきイラクの人たちのために何かを行い、彼らを守ることは私の任務だと考えるからです。

米国軍隊の将校として、イラク戦争は道義的に過ちであるばかりでなく、合衆国の法をも手荒く侵害する行為であるという結論に達しました。私は抗議のために退役しようと試みましたが、にもかかわらずこの明白に違法な戦争に加わることを強制されています。違法行為に参加するようにという命令は、間違いなくそれ自身が違法です。
私は、名誉と品性を重んじる将校として、この命令を拒否しなければなりません。

イラク戦争は、抑制と均衡というわが国の民主的システムを侵害しています。この戦争は、憲法の規定によってアメリカの国内法と同等とされる国際条約や国際的慣習に違反しています。ほとんど満足な説明もなされていないイラク民衆への大量殺戮と残虐行為は、道徳的に重大な誤りであるにとどまらず、陸上戦に関する軍事法そのものの違反行為でもあります。この戦争に参加すれば、私自身が戦争犯罪の片棒を担ぐことになるでしょう。

平常であれば、軍隊にいる人間も、自分の思うことを話し、自分の利益になるよう行動することは許されます。そうした時代は終わってしまいました。私は上官に対して、われわれの行動の意味するところを大局に立って判断するよう求めました。しかし、まっとうな回答は得られそうにありません。私は将校に就任するとき、アメリカの法と民衆を守ることを宣誓しました。違法な戦争に参加せよとの違法な命令を拒むことにより、私はその宣誓に従います。

ありがとうございます。

以下、原文

続きを読む »
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
Access Counter
Since Dec.01, 2006. 
Calendar
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile
Do you want to know about me? 

aki16

Author:Aki

Age:22

Live:Wakayama

A Popular Topic
In what are you interested? 
ブロとも申請フォーム
 
Find in This Blog
Do you want to find something? 
E-mail Form
Please send e-mail me. 

名前:
メール:
件名:
本文:

QR Code
 
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。